いる要所や建物って人間のキャラ

いる地点や内部は住んでいる人そのものを表していらっしゃる気がしますね。
生真面目で質素でキレイ好きのクライアントはいるアパートは小さくても綺麗にしてあり、
無駄な物が無かったり決めるし、華美好きで煌びやかな物品や際立つ地点が大好きなクライアントは、
広間もシャンデリアをぶら下げていたりして豪華な内側になっています。
いる地点や物品は慣れ、というのも関わってしまう。
慣れ、は何て事がない取るに足らない物品のように感じられますが、
自分の慣れた環境におかれていないとストレスが溜まる事もあるのです。
小さい頃からおミリオネアで広くて綺麗な広間に住んでいたクライアントが、
小さくて古めかしい住まいに引越をすると慣れない為に不愉快を抱いてしまう。
最初から小さくて古くさい住まいに住んでいた人からすると、
これが自分の要件ですので一際不愉快も抱きませんが、
初めて豪華な生活に慣れると昔の生活に立ち戻るのが難しくなります。
役職相応の暮らしが大切ですね。