学徒になったために新しい土地へ移住

教え子となったのを切っ掛けに移転を数回積み増しました。
移転をすると必然的に住む壌土や賃貸屋敷が変わりますが、しばらく都会ですとオーダーにも通学にも不自由にはならず、一際壌土や住居で困った、という経験はありません。
初めに住んです賃貸屋敷は壁が低く、お世辞にも可憐は呼べる屋敷ではありませんでしたが、両隣に住んである人間も大学生であり夜は演習をしているのか寂しげでした。
自宅はかなり古臭い家であり幅広いのですが幅広いために単なる寒々しさが有り、教え子になりついに狭苦しいわが家に移住し、細長いというメンテナンスが楽だし暖かいし落ち着くなあ、と思ったものです。
いつぞや大して綺麗ではない屋敷だったので店賃は安く、店賃を支払っている負担があまりありませんでした。
勉強からもくらい、近所に色々なモールが入った百貨店がありましたので、息抜きやオーダーにもミッシリ良かったものです。
壁が低く細長いので第三者を呼んで騒ぐことができないので、他人とは外部で対話をする事になるのですが、近所に遊興施設や飲み屋も沢山あったので安いおショップを選んで談笑ができていました。
家賃が短い分、外部で遊べる収入を確保できてあり、収入に困らずに遊べていたのが良かったですね。