都心の家屋に住んでいた見聞

都会に住んでいる女房の我が家に一時期一緒に住んでいた事があります。
幼少の頃によって辺鄙な場所に住んでいた俺は、女房の建物の場所のユーザビリティに通常高揚を通していました。
女房の建物の家賃は月に4万円であり、自腹で払うというはなはだきついな、
と思いますが女房は親から元本のアシストにあたっていたために、月に4万円の支払いがあれどいまひとつ困った事は無いそうです。
建物なので隣席のサウンドが聞き取れるために、なんとなく考えを使いましたが慣れると大丈夫になりました。
都内の都会でしたが建物からは星が見えてあり、都会は星が見えないと聞いていたけれど、
ここは敢然と星が感じるんだなあ、なんて話した思い出があります。
楽しいのは建物周辺の作業場でした。
ちょい歩けば直ちにコンビニエンスストアがある、短いアルティメットもある、胃腸が空いたら有名サイクル店頭で外食ができる、
夜中にヒマとしてカラオケに行く事がもらえる、って都会はアクティブに生活する事が可能になっていました。
モールによる代わりに元本は飛んでいってしまいますが、
女房と一緒だったのでめったに元本も勿体なくはありませんでしたね。
今はまた地味な生活を送っていますが、機会があれば都会に移住をしてみたいものです。