破格の値段の訳あり住宅に迷う

訳あり物件って、実際破格の対価が付くんですね。
近頃ネットのHPで物件見い出しをしていたら、相場の対価よりも二百万円周り安い値段のUSED屋敷を見つけました。すごく古めかしいのかという思ったら、築五カテゴリーってあまりでもなく、フォトで装いはとても綺麗ではからずも衝動的に住所をメモしてしまいました。
HPに掲載されていた不動産企業にも連絡して、対価に間違いがないことも調べて、次の休日にさくっと物件を行くことにしましたね。
物件のそばはとくに変わったところはなく、お墓がある定義でもなければJRが頻繁に通り過ぎることも無し、普通の閑静な屋敷街路というインプレッションだったので一際背景がわからなくなりました。
内部を見せてくれるというので入ってみたのですが、ここでもこれといった異変は見受けられず。綺麗な状態で即刻住めるようなときの住居でした。
つい如何わしいような気がしてその時は決断できなかったのですが、今になって惜しかったかなと迷い始めている。惜しくも明るい品評を聞いて見るべきでしょうか。