もっと気楽に不動産を購入したい

もっと気楽に不動産を購入したい
私は生まれてから40年近く経ちますが、今だに不動産を購入したことがありません。
賃貸生活を繰り返しながら今日に至っています。
不動産を購入しない理由は、お金がないからだとか、賃貸で充分だとか、そういったことではありません。
一言で言うのなら、不動産を購入することがとても恐いのです。
もちろん、初めからこのように恐がっていたというわけではありません。
自分の不動産を所有することは、私の夢のひとつでもあります。
叶えたいという気持ちに嘘偽りはありません。
ただ、不動産探しをしている過程で気付いてしまったのです。
不動産を所有することは、とてもリスクのあることだということをです。
不動産を所有するということは、その建物や土地に対して責任を持つということになります。
建物の屋根が強烈な台風で吹き飛ばされ周囲に被害を与えれば、なんらかの補償を考えねばなりません。
天災だから仕方ない、の一言では済ませられないような気がするのです。
このように思ってしまうのは、賃貸生活に慣れている私の我がままなのかもしれません。
不動産の所有者になるのだから責任を持つのは当たり前なのでしょう。
でも、私のように不安を感じている人は決して少なくないはずです。
不動産の購入が活発化し経済に良い刺激を与えるためにも、不動産のあり方について今一度議論する必要があると思うのです。