実家がリフォームをして近代的になった

築年数25年の木造建築二階建ての実家がリフォームをしました。
リフォームした場所はリビング、キッチン、お風呂、洗面所です。

リフォームした理由としては、築年数の経年に伴い、水周りも老朽化しており、老夫婦にあった住まいにしたいとのことでした。
リビングは天井に明るめの照明をつけて、キッチンはIHコンロにして、床下収納とシステムキッチン、しっくいの壁にして湿度の調節ができるようにしました。

お風呂も広いバスタブで低い位置で入れるようにしました。
住む人の生活スタイルに合った住まいにできるのはリフォームの最大の利点だと思います。

自分たちの暮らし方にあった、そしてその時代の便利なアイテムを取り入れた暮らし方ができるのです。
最近では賃貸マンションでもリフォーム可能な物件もあると聞きます。

自分に合ったカスタマイズができるのもおもしろいですね。
家を見るとその人が何に興味があるかがわかるといいます。

我が家もできる範囲で私好みのカスタマイズをしてみたいです。